骨盤底筋の真実:キルステンが専門家に聞く

Kirsten van der Kolk Olympic gold medalist

キルステン ファンデルコルクさん(北京五輪ボート競技金メダリスト)が女性の身体の悩みについて専門家の意見を聞きます。今回は骨盤底筋の重要性について。

妊娠出産した女性の多くは「骨盤底筋」という言葉を聞いたことがあるでしょう。妊娠中も出産後も骨盤底筋トレーニングをするように言われます。それでも、出産後の女性の多くが骨盤底筋問題を経験しています。これから、私の経験をお話しします。

オープンに話しましょう

この悩みに関して語られることは少ないと思います。他の女性に聴いてみると、共通の経験をしていることがわかるのですが。一般的に女性の身体の性的な部分について語ることはタブーとされていると思います。女性はこの問題を自分自身で解決しようとし、パートナーや女友達や専門家に相談することはほとんどありません。本人がどうにかすべき問題であると思われているようです。そこで、私は他の女性たちとこの話題をしたいと思っているのです。このブログが女性の身体のことについてオープンに語れる場になればと願っています。

女性の身体の悩みに取り組んで

この問題の解決方法のひとつは骨盤底筋専門の理学療法士のところに行くことです。もう一つの方法は、カリンエクササイズをすることです。私は、マヨルカ(スペイン)で理学療法士の研修をしている マルタと話をしました。マルタは、理学療法士の勉強をしているときに、骨盤底筋を鍛えるプログラムに出会い、骨盤底筋問題を治療する効果的かつシンプルな方法に惹かれました。

16年間、マルタは女性の身体の問題に取り組んできていますが、その動機について「私はこの問題を解決したかったの。現在は、投薬治療と手術の2つの方法があります。どの患者さんのケースでも、私は彼女たちの力になることが私自身を専門家として成長させてくれます。16年たっても、仕事に行くことが喜びです。」と語っています。

トレーニングが難しい場所

「骨盤底筋問題で一般的なものは何ですか?」とマルタに尋ねました。彼女は多様なケースを経験しています。最も多いのは、尿失禁、脱肛や性交時の痛みです。「それぞれの患者さんにトレーニングを処方しています。トレーニングは、姿勢と骨盤底筋調整の方法を学ぶもので、個人で行うものとグループで行うもの両方があります。」

「この分野での最新の情報を得ることが大事です。私は学会に参加し、研究論文を読んで、最新最良の治療法ややり方を学び、患者さんの治療に役立てています。けれども、骨盤のトレーニングを行うことは難しい問題があります。他の場所と違い、骨盤底筋はトレーニングで改善することが難しい場所なのです。」

身体のことを知りましょう

骨盤底筋を鍛えることはかなり大変なことなので、女性たちがトレーニングを難しく感じる理由の一つです。マルタは、朗報を教えてくれました。骨盤底筋専門の療法士が増えているというのです。また、自宅で骨盤底筋を鍛えたいと思う女性のために、多様な製品ができているというのです。でも、この問題に関する認知度と教育はまだまだ遅々として進んでいません。「知識がないことには驚かされます。女性の身体の悩みで最大のタブーは、この部分なんです。だから私たちの仕事が認識されないのです。」

マルタからの大事なアドバイスは、体のことを自分自身でしっかり認識すること、というものです。「あなた自身の身体のことを知りましょう。特に下半身の骨盤あたりについてよく知りましょう。身体のことを気にかければ、改善の機会も生まれます。骨盤底筋に関して言えば、便秘にならない方法とか、ちゃんと排尿する方法を知ることが大事です。そして、妊娠に備え、出産の後でちゃんと回復する方法を知ることも大事なことでしょう。結局、妊娠が骨盤底筋トラブルの主因であるのですから。

骨盤底筋専門の療法士に相談するか、カリンエクササイズをすることもできる、と彼女はアドバイスしてくれました。

このブログを読んでキルステンさんに連絡を取りたい方は、メールを送ってください。: kirsten.vanderkolk@lifesense-group.com.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です