始めの一歩を歩みだす – 尿漏れ不安からの解放

始めの一歩を歩みだす – 尿漏れ不安からの解放

キルステン ファンデルコルクさんは、元気な女性で、2人のお嬢さんの母で、オランダの五輪チームのコーチで、北京五輪ボート競技金メダリストです。彼女は、カリンで骨盤底筋トレーニング実施中。毎月、トレーニングの成果を報告してくれています。どうぞお読みください。

オランダ五輪ボート競技チームの海外合宿は私のトレーニング習慣を続けるのにぴったりの時です。家にいると時々さぼってしまうけど、合宿というきっちりした生活はトレーニングには最適です。健康を維持するという目的のほか、骨盤底筋トレーニングを毎日続けるというのが毎日の習慣になりました。この合宿で確かな成果を上げることができたんです。尿漏れの不安なくランニングする日が現実のものとなったのです!

トイレットペーパーをバッグいっぱい詰めて登山

毎朝、合宿はエクササイズから始まります。朝早く起きてワークアウトをします。ワークアウトは1ラウンド7分間、できる時はこれを2ラウンドやります。自分が好きなエクササイズをやるだけじゃなくて苦手なものも入れて、ね。このワークアウトが終わると自分たちに拍手するの。

この朝のエクササイズが終わったら、シャワーをあびて朝食になります。朝食の席ではその日の予定について話し合います。その日、私は午前中の予定はなかったので、何をしようかと考えました。例えば、他チームのトレーニングに参加するとか、でもお天気が悪くて泥んこの中でトレーニングする気にはなれない。アスリートのグループに交じって雨の中でずぶぬれのランニングシューズを履いてエクササイズするとか、考えていました。

2,3日前とは大違い。その日は、ものすごく晴れた日で、私はスリッパをはいて山登りをしたんです。トイレに間に合わないといけないので、念のため、トイレットペーパーをたくさんバッグに入れていったんです。けれども、何事もなく3時間の登山は無事終了しました。なんと私は「飛び跳ねながら」山登りしていたと仲間が言っていました。何の心配もなく長時間のエクササイズができたのは本当に初めてでした。

Kirsten on the mountain top

頂上に立つキルステン

骨盤底筋トレーニング

骨盤底筋トレーニングの習慣が効果あったんだわ、と確信しました。これまではエクササイズする時間と考えていなかった運転中とかテレビを見ている時とかに、引き締めたり緩めたりというエクササイズをやっていたのです。カリンエクササイズアプリを立ち上げなくてもできるんですよ。

不安のないランニングへの初めの一歩を踏み出したと思いました。途中で漏らすことのなかった山登りの経験で、ランニングシューズを履いて走る日を楽しみに待つことができるようになりました。次の合宿にはランニングシューズを持っていくことに決めました。もし雨が降っていてもシューズを履いて、再び自由な気分を味わいたいと思っています。

Kirsten van der Kolk

キルステン ファンデルコルクさんは、元気な女性で2人のお嬢さんの母で、オランダの五輪チームのコーチで北京五輪ボート競技金メダリストです。彼女は、カリンで骨盤底筋トレーニングをしています。毎月、トレーニングの成果を報告してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です