出産後の身体をもとに戻そう:出産から40日は“聖なる”日々

妊娠前の身体に戻そう:あなたが最近赤ちゃんを産んだばかりなら、てんてこ舞いの日々を送っていることでしょう。赤ちゃんを産んだばかりの知り合いがいる人もそのことは知っていますよね。毎日が暗く、今日が何曜日だかわからなくなっても、赤ちゃんを抱けば赤ちゃん以外に大事なものはないと思ってしまいますよね。

でも、それは間違っていますよーあなたも大事なんです!出産後40日のためのレシピに書かれたカルメンの4つのヒントを読んでください。

#1 あなた自身を優先すること

ご先祖さまは賢い伝統を残してくれています。ヒスパニックの国々では‘cuarentena’(検疫期間)、中国では40日間の「閉じこもり」などとよばれ、家族や友人がやってきて母親の世話をしてくれる期間です。その間、母親は赤ちゃんの面倒だけ見ていればいいのです。

今では母親のこの特権がなくなっていますが、妊娠中に手伝ってくれた友人、家族や同僚、そして何をプレゼントしようかと考えている人たちを利用しない手はありません。この人たちにお料理を頼みましょう!食料品の買い出しや、お兄ちゃんお姉ちゃんの子守りを頼みましょう。大事なのは赤ちゃんだけじゃないよ、あなたも大事なのよと思わせてくれればいいんです。一度やってもらえば絶対わかるから。

#2 作りおきのお料理を温めて食べること!

次には、栄養のある料理を事前につくっておくことです。どの国でも、ご先祖さまの教えは温かいものを食べること、と言っています。サラダや生のままの食物は出産後にはよくありません。消化に余分なエネルギーが必要になります。そのエネルギーは身体を癒したり、作り直したり、十分な母乳をだすために使いましょう。

ですから、赤ちゃんが産まれる前に調理しておくのです。簡単に冷凍できるものを作っておけば、お料理したくないときにもヘルシーな食事をとることができるでしょ。どんなものをつくっていいか迷ったら、私のブログThe Pregnant Chef を参考にしてね。

#3 身体を癒すこと

あなたは、縫合のこととか帝王切開のような怖いことを考えているでしょう。あなたがちゃんと身体をケアしたりしていれば、身体は自然に治っていくものです。

そうはいっても気を付けなくてはいけないことがあります。清潔にすること、縫合したところの周囲は石鹸を使わないこと、たびたび洗浄すること、などです。繊維質の多く健康に良い食物を食べること、便秘予防のため水を充分(少なくとも1.5リットル!)とることも忘れないように。

#4 骨盤底筋トレーニングをすること

最後に、大事なことですけれど骨盤底筋トレーニングをすることです。骨盤底筋はトランポリンのようなものだと思ってください。妊娠中ずっと伸び放題になっていたのです。もとのような弾力を取り戻してあげる時です。授乳のたびにトレーニングをするようにすれば、絶対忘れるはずはありません。

最後に、「母親になる方法は一つではありません。何百万通りの方法があるのです。」ということを忘れずに。あなたは立派にやっているんだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です